レイク 増額

カードローンの限度額を増額するには?

カードローンを利用している中で追加融資が必要となることがありますが、まず最初に思いつくのは、カードの限度額の増額ではないでしょうか。
増額の希望は、カードローン会社のホームページから簡単にできますし、比較的簡単に認められやすいという印象があります。
しかし、カードローンの増額の審査には、いくつかの問題点があるのも事実です。
現在のカードの限度額が保証された手続きではありませんので、最悪の場合、カードの利用停止という事態を招くこともあります。
安易にカードローンの増額審査を受けるのではなく、その注意点について理解した上で、増額審査の検討してみてはいかがでしょうか。

 

カードローン増額審査の問題点とは?

 

カードローンの増額審査にリスクがあるといわれますが、これは、現在よりも少ない限度額に決まることがあるからです。
たとえば、現在のカードの限度額が50万円だったとしても、増額審査の結果によって、30万円や10万円という結果に終わることがあるということです。
さらに、別会社のローンの残高が増えていたり、クレジットカードや携帯電話の返済に遅れが生じていたりすると、カードの利用停止という結果になることもあります。
このようなリスクを知らずに増額審査を受けてしまい、カードが使えなくなってしまった会員もいますので、十分注意するようにしてください。

 

増額審査に頼らない追加融資の方法とは?

 

追加融資が受けられればいいというだけなら、限度額増額の審査を受けるのではなく、別会社のカードローンに申込むのがおすすめです。
別会社のカードローンの申込みなら、少なくとも現在のカードの限度額が保証されています。
カードローンの申込みに成功すれば追加融資が受けられ、最悪の場合でも、今のカードは使い続けられます。
むやみにリスクを負う必要はありませんので、増額申請よりも別会社のローンを利用する方法を選んでみてはいかがでしょうか。

 

別会社のカードローンなら銀行のサービスがおすすめ!

 

別会社のカードローンに申込む場合、総量規制の影響に気をつける必要があります。
総量規制は、消費者金融からの融資の残高の合計が「年収の3分の1」を上回ってはいけないというものです。
2社目以降の申込みでは、総量規制の影響が心配になりますので、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶのがポイントです。
銀行カードローンなら、年収の3分の1超の融資も可能ですし、100万円程度までなら収入証明書なしで申し込めます。