レイク 増額

アルバイト学生の限度額はいくらまで?

消費者金融や銀行カードローンの利用では、アルバイト学生の申込みも増えています。
アルバイト学生がお金を借りるときは、「限度額がいくらまでつくのか?」という点に関心があるのではないでしょうか。
希望する限度額が設定されるかどうかは、アルバイト学生かどうかに関係なく、大変重要なことです。
消費者金融と銀行カードローンとで若干の違いがありますので、ここで、限度額の決まり方について確認してみてください。

 

消費者金融のアルバイト学生の限度額

 

まず、プロミスやアコム、アイフルといった消費者金融の申込みでは、年間のアルバイト収入の3分の1が上限と決まっています。
総量規制という法律があり、年収の3分の1を超える融資が禁止されていますので、最高でも自分の年収の3分の1までとなります。
たとえば、毎月10万円のアルバイト収入がある学生なら、年間120万円の収入になりますので、その3分の1の40万円が限度額の目安となります。
自分の年収の3分の1を超える融資は、総量規制対象外の銀行カードローンを利用することになります。

 

銀行カードローンの限度額について

 

アルバイト学生が銀行カードローンに申込んだ場合、限度額がいくらになるかは、銀行ごとの基準で決められています。
審査の基準は、外部に公表されているものではありませんので、実際に審査を受けてみないと分かりません。
しかし、消費者金融よりも高額な限度額が設定されていますので、高額融資を希望するアルバイト学生は、銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

カードローンの希望額の決め方について

 

カードローンの申込みをする際、ローン会社に希望額を伝えることになりますが、最初は少ない限度額で申込むことをおすすめします。
あまりに多すぎる限度額を希望してしまうと、かえって印象悪くしてしまい、結果として審査に落ちてしまう危険性があります。
利用中に限度額を上げることもできますので、最初は必要最小限の希望額で申込んでみてください。