レイク 増額

総量規制対象外とは?

キャッシングの総量規制対象外というのは、法律による融資の上限額が決められていないカードローンのことです。
貸金業法という法律では、キャッシングの融資上限額について「年収の3分の1を超えてはならない」としています。
たとえば、年収300万円のサラリーマンの場合、消費者金融各社からの借り入れの合計が「100万円を超えてはならない」というのが総量規制です。
このような規制がないのが総量規制対象外で、高額融資が見込めるローンとして人気があります。

 

総量規制対象外の選び方とは?

 

総量規制対象外かどうかを見分ける方法は、「銀行カードローンかどうか?」で判断します。
銀行は、貸金業法の規制を受けていませんので、必然的に総量規制の対象外となるからです。
新生銀行カードローンのレイクや楽天銀行カードローン、三井住友銀行カードローンのように、「銀行」が提供するサービスが総量規制対象外のカードローンになります。

 

銀行系カードローンは総量規制対象外?

 

また、プロミスは三井住友銀行グループ、ノーローンは新生銀行グループ、アコムは三菱東京UFJ銀行グループの銀行系カードローンですが、銀行系だからといって総量規制対象外となるわけではありません。
上にあげたカードローンは、銀行とは別会社の消費者金融会社になりますので、総量規制の影響があるカードローンです。
銀行系だから総量規制対象外となるのではなく、銀行本体が提供しているサービスが総量規制の影響を受けないカードローンになります。

 

総量規制対象外のもう1つのメリットとは?

 

総量規制対象外カードローンを選ぶと、収入証明書提出要件がゆるいというメリットがあります。
消費者金融などのカードローンでは、収入証明書の提出についても厳しい規制を受けています。
消費者金融からの借入れでは、50万円超の融資で源泉徴収票などが必要になりますが、銀行カードローンなら100万円程度までなら証明書の提出が必要になることはありません。