レイク 増額

学生ローンで増額が必要になったら!

すでに学生ローンの利用があり、追加融資が必要になっているなら、増額の審査ではなく、別会社のカードローンを利用するのがおすすめです。
すでに利用しているカードの増額を希望することもできますが、増額審査によるリスクがある点に問題があります。
カードローンの増額の問題点について理解し、正しい方法で追加融資を受けるようにしましょう。

 

学生ローンの増額の問題点とは?

 

学生ローンの増額の問題点は、必ずしも現在のカードの限度額が保証される手続きではないということです。
つまり、現在のカードの限度額が50万円の場合、増額審査の結果によっては、50万円よりも少ない限度額に決まることがあります。
これまでのローンの返済履歴に問題があったり、別会社のローンの返済に延滞があったりすると、カードの限度額が減らされる可能性があります。

 

学生ローンのカードが使えなくなることも!

 

カードの限度額は、少なくなるだけなら良い方かもしれません。
他社の借入が増えていたりする場合、審査の結果によっては、カードの利用停止となってしまうケースがあります。
現在使用している学生ローンのカードが返済専用のカードとなってしまいますので、安易に増額審査は受けない方がいいでしょう。
どうしても追加融資が必要なら、別会社のカードローンに申込み、その限度額を利用してお金を用意するのが確実です。

 

別会社の学生ローンでは銀行カードローンも検討!

 

学生が2社目のカードローンに申込む場合、総量規制の影響が問題となる可能性があります。
総量規制は、貸金業者による過剰な貸付を防止することを目的とし、年収の3分の1を超える融資を禁止するという内容のものです。
すでに年収の3分の1近くの借入がある学生は、消費者金融だけではなく、銀行カードローンの利用も検討が必要です。
銀行カードローンの利用なら、収入証明書なしで利用できるサービスが多くありますので、その中から選ぶのがおすすめです。